【SESが危険な理由】IT業界で働くプロのエンジニアが暴露します【IT業界の闇】

2019年11月3日

綾人
こんにちは!綾人(@xjustchillingx)です。



この記事ではIT業界への就職・転職を考えられている方が絶対に知っておくべきSESの危険性について紹介しています。


特に未経験でIT企業への就職・転職を考えられている方は絶対に見て欲しいです。


何故ならば、ボクも未経験からIT業界に転職した初めの会社がSES主体の会社で酷い目にあったからです…。


今日はそんな体験談も交えつつ、IT業界の闇とも言えるSESについて紹介していこうと思います。

SESとは何か

SES(システムエンジニアリングサービス)とは、お客さん(クライアント)側の企業に自社の技術者(エンジニア)を常駐させ、クライアントのシステム開発やインフラ環境構築・運用を行う契約です。

※極稀に常駐しないケースもありますが、確率は極めて低いです。

SESの何が危険か

SESの何が危険なのかを一覧化してみました。

SESの危険なところ

  • 常に仕事を受注し続けられるわけではないため、いつ契約解除になるか分からない
  • 長期的なキャリアアップが難しい
  • 業務内容の決定権が受託側に無い
  • 予算が途中で厳しくなるとハードワークになる可能性が高い
  • 予算確保できない場合は、契約を解除される場合もある
  • 自社への帰属意識が薄れる
  • 自分の時間を売ってお金に換える点はアルバイトと一緒
  • 自社の人間は数字と噂でしか本人を評価できない。
  • 常駐先で営業活動まがいのことをさせられる
  • ただの奴隷制度


共通して言えることは大体こんな感じです。


正直なところもっと気を付けるべきところはありますが、特に気を付けて欲しいのがこれらです。


常に仕事を受注し続けられないというのは、SESはプロジェクト全体の中で、お客様側が自社の人間だけでは人数が足りなかったり、必要なスキルが無い場合に外部の人間に業務を委託するのです。


そしてこのSESは基本的に1か月毎に更新されます。


最初の営業の段階では何月~何月まで人が欲しいと言われますが、状況によっては1か月で契約解除になることもあります。


契約解除はまともな会社であればそんなに頻繁にされるものではありませんが、基本的には来た人間が使い物にならなかったときか、開発を進めていく内に予定以上に工数が掛かって予算が途中で確保できなくなったときは発生しやすいです。


それに契約解除にならなかったとしても、予算が減ってくると終わりの日程は決まっているのにやらないといけない業務は増えるといった闇が生まれます。


そして経験の浅い人ほど下流工程の仕事を受けることが多いので、製造や試験などの一定の期間常駐したらその案件はさようならって感じです。


そして、請負契約と違ってお客様先で労働した時間単位で精算が行われます。


つまりアルバイトと一緒ですね。


どんなに頑張ってもどんなに成果を上げても貴方に支払われる金額は単金×労働時間です。


なので売り上げが伸びづらく、給料が上がる見込みも低いです。


そしてSESで最もリスクの高いことが『お客さんから仕事の指示が来ることが普通にあります。


ちなみにこれは違法です。


本来、SESと言うのは契約内容に従って受託側が自由に作業を進めることが出来ます。


ですが現実問題として、仕様の決定権や変更権、プロジェクト全体の進捗や予算の管理の都合など様々な理由でお客様から直接業務指示を受けることがあります。


違法とは分かっていてもそうしないと仕事が進まないという部分が、IT業界の闇を生んでいます。


悪質な職場であれば契約解除をこちらから申し出ることも可能で、これは『準委任契約は成果物を完成させる義務が発生しないため』です。


そんなSESにもメリットはあって、自社以外のエンジニアと関われたり自社では遂行できない案件に参画することでスキルや経験を積めることなどが挙げられます。


就職した企業が弱小のIT企業だったとしても、常駐先が大手の自社サービスを開発していたり、最先端の技術を持っている企業であれば、ピンポイントでそのスキルを身に着けることも出来ます。

綾人
ボクも業界で最初に入社した会社の取引先が大手だったので、早い段階で大きな経験を積むことができました。

実際に働いた時どうだったか

ここからは実際にSESでボクが働いた時の体験談です。


ボクは就職したのは会社こそ中小企業でしたが、常駐先のクライアントは日本でもトップクラスの大手通信事業者でした。


携わった案件として良かったものと悪かったものを1つずつ、例を挙げて比較しながら進めます。

案件1

  • 入社1年程で参画
  • 期間は10か月程
  • 開発人数はクライアント側15名、協力会社4社合計50名ほど
  • 参画して3か月程で自社チームのサブリーダーになる
  • 主な機能は顧客情報管理、売上情報管理など


入社してから1年目の終わりくらいに参画したのですが、正直この案件に関してはクライアント側の人間が良い方が多かったので比較的ストレスを抱えるような案件ではありませんでした。


ですが、改めて考えてみるとやはりブラックな一面もありました。


例えばですが、

ブラックな一面

  • 残業時間は100時間前後。
  • 業務指示はクライアントから直接受けていた。
  • クライアント側の都合で深夜帯に会議があることは日常茶飯事。
  • 昼休憩中でも当たり前のように仕事の打ち合わせが入る。


参画が一年目という事もあり、ボク自身の未熟さから作業が増えてしまった部分もありますが、それを覗いてもだいぶブラックな面があると思います。


ですが、この企業には合計で4年程常駐してこれが一番まともな案件でした。


続いて2つ目の案件です。


これはボクが最もブラックだと感じた案件です。

案件2

  • 入社4年目で参画
  • 期間は半年程
  • 開発人数はクライアント側4名、自社5名
  • 開発チームのリーダーとして契約
  • 主な機能はコンビニ請求書払いの収納代行システム
  • 毎日終電が当たり前
  • クライアント側は自分達の作業が終われば帰る
  • 受託側時は自分達の作業が終わってもクライアント側の作業が終わらないと帰れない
  • 指標値として設定されている1人月当たりの生産性が通常の3倍(1人で3人分働けということ)
  • 作業要員はスキルに関係なく放り込まれたので、全員が知らない言語、知らない開発環境で強制労働を強いられる
  • プロジェクトマネージャーがとりあえず作業は何でもかんでも協力会社に押し付ければ良いと考えている
  • 金曜日の夜は土日も出ろと必ず言われる
  • 何故か同時期に別案件の作業が発生する(2重取りだと契約違反になるからと片方の案件作業はただ働き)


大体こんな感じです。


某グルメリポーターも「違法の宝石箱や~!」と言ってしまいそうなくらいです。


そして上記でも若干触れていますが、この案件はプロジェクトマネージャーをしていた人間が最悪でした。


何が最悪かと言うと、SESがどういう契約か分かっていなかったのです。


この案件、実は最初の3か月は客先常駐はしていたものの、契約内容としては請負契約でした。


開発環境的な理由で請負契約でも客先に常駐を行い開発していたのですが、その時から既におかしく、請負契約にも関わらず業務指示や作業命令が当たり前のように来ていました。


そして請負契約からSESに変わった後も指揮命令は変わらず、こちらが請負契約で開発に関わっていない既に実装済みの資産に関しても、不具合が出たら直せとか、断っていたらこれは瑕疵対応だから責任があるなどと意味不明な発言を繰り返していました。


瑕疵対応とはざっくり言うと、一度作って納品した後に製品やサービスに欠陥が見つかったから直してね。
もちろんおたくのミスだから、追加の費用は出ないよって感じの対応です。


はいそうです。


自分達が作っていない資産も直せって言ってきたんです。


もちろんそんな意見が間違っている事は明白だったので、会社を通してきっちりとお断りしたのですが、正直大手企業と言ってもこのレベルの人間がたまにいます。


つまりプロジェクトを管轄している人間のレベルや人間性によっては、ブラックな案件が更にブラックな光も届かない深海の底のような黒さへと変貌し、強制労働を余儀なくされます。


そしてSES主体でやっていた会社に属していたので、このような事態が起きていても基本的には助けてはくれません


現場で何とかしろ、が会社の判断でした。


危険なSESを回避する方法

まずは何と言っても会社選びが超重要です。


ここをミスったらどうあがいても絶望しか待っていません。


会社選びについては、こちらの記事に「IT業界に就職・転職する際に気を付けたいこと」を5つのステップで紹介していますので、もしよろしければ参考にしてみてください。




そしてもう一つの方法が、ある程度の経験や知識を備えてから業界入りすることです。


この理由は、SESは未経験者ほど辛い思いをしやすいという状況を作らないためです。

未経験者ほど辛い思いをする理由

  • そもそもSES契約についての知識が無い
  • 知識が無いから何がダメなことなのか分からない
  • そのため、未経験者はある程度無茶なこと言われても黙って聞き入れてしまう
  • そのような背景を企業側は理解して未経験者を採用している


IT業界は急成長を続けている業界なので、常に人材不足です。


良さそうに聞こえる条件で、ブラックな面を隠した採用広告を出しているクソみたいな企業は山のようにあります。


しかし、未経験だとそれらの条件が良いのか悪いのかを見極めることはできません
なので条件を判断できるようになるためにも、事前に知識やスキルをある程度は身につけちゃいましょうってことです。


とは言っても、未経験者が就職前に独学で身につけることは結構厳しい話です。


そんな方におすすめしたいのが、プログラミングスクールの無料カウンセリングを利用することです。
無料なのでお金を請求されることもありませんし、スクールに通う必要もありません。


もちろん、プログラミングスクールに実際に通ってスキルを身につけることも十分に有効的な手段です。


ただし、プログラミングスクールも結局はIT業界への入り口的な存在です。
企業側とズブズブの関係で、SES人材を量産して企業がに放り込むために業務提携をしているスクールも山ほどあります。


なので、入学する前に無料カウンセリングなどを利用して健全なスクールかどうかを見極める必要があります。


個人的に信頼のおけるスクールが何処なのかを調査した記事がありますので、一読していただけると幸いです。

【2021年最新版】プロのエンジニアがプログラミングスクールを比較してみた【3選】

続きを見る



まともなプログラミングスクールであれば、ちゃんと相談できるメンターという方が存在します。


また、ボク個人でも良ければTwitter(@xjustchillingx)のDMや当ブログのお問い合わせフォームからご連絡を頂ければ、出来る限り相談に乗ります。


なぜこんなことまでするかと言うと、これから同じ業界で頑張ろうとしている未経験の方に、ボクが経験したような辛い思いをして欲しくないからです。

最後に

実際にボクが過去に働いていた企業の実例を挙げつつ、SESの危険性について紹介してみました。


ここでは紹介しきれなかった案件も沢山ありますが、平均してブラックであることがほとんどでした。


基本的にSESをしているクライアントと言うのは『手が回らない作業に対して、安く多く人が欲しい』ということがほとんどだと思います。


これからIT業界へ就職・転職を考えている方はSESに十分ご注意ください。


それでは!

-ビジネス

Copyright© やがみずむ! , 2021 All Rights Reserved.