Google翻訳の拡張機能を使って検索を便利にしてみよう!

2020年4月23日

綾人
こんにちは。綾人(@xjustchillingx)です。

今日は便利なのに意外と使われていないGoogle翻訳の拡張機能を紹介していきます。

プログラミングしていてエラー内容そのまま検索すると、検索結果が英文だらけでさっぱり。
海外のサイト見たいけど英語分からないし、翻訳するのも時間掛かるから見れない。

こんな悩みをお持ちの方もいらっしゃると思いますので、もしこの機能を使ってないという方が居たら是非使ってみてください。

拡張機能の追加は1分もあれば終わります

Google翻訳の拡張機能を追加する

追加の手順は画像を使って説明していきます。

①まずはこちらのページから拡張機能を追加していきます。

②赤枠で囲ってあるボタンをクリック

③確認のポップアップが出てくるので「拡張機能を追加」を押す。

④追加完了のメッセージが出てきます。

終わりです。

たったこれだけの作業で、わざわざ翻訳サイトを開かなくてもwebページの英語翻訳がその場でできるようになります。

では次に使い方についても説明していきます。

Google翻訳の拡張機能を使ってみる

翻訳を行う方法は2種類あります。

部分的に翻訳をする

以下の海外サイトの翻訳を例に見ていきましょう。

赤枠で囲ってある部分を翻訳してみます。

まずは翻訳したい部分を選択すると、翻訳のアイコンが出てくるようになります。

※指カーソルが当たってる部分がアイコンです。

アイコンを押すと以下の様に翻訳が出てくるようになります。

今回は文章を翻訳しましたが、もちろん単語だけ選択して翻訳することもできます。

ちなみに選択した時にたまにアイコンが出ないときがあるのですが、そんな時も画面右上に同じアイコンがありますので、翻訳したい部分を選択した状態でアイコンを押せば同じように翻訳できます。

サイト全体を翻訳する

先ほどは部分的に翻訳したい場合を紹介しましたが、サイト全体を翻訳することもできます。

ちなみにこれは拡張機能ではなく、GoogleChromeに従来から実装されている機能で、英語のページを開いたときにポップアップで翻訳するかどうか聞いてくるアレです。

翻訳したいページを開いたら右上の赤枠のアイコン部分を押して、このページを翻訳を押します。

できました。

こんな感じでGoogle翻訳やその他の翻訳サイトを開かなくてもその場で翻訳を行う事ができます。

Google翻訳の拡張機能を削除する

特に拡張機能を削除する必要性は無いと思いますが、もし何らかの理由で削除したい場合の方法についても紹介しておきます。

ブラウザの右上の赤枠部分を押して、設定を押します。

すると以下の設定画面が開きますので、左下赤枠部分の拡張機能を押します。

削除したい拡張機能(今回の場合はGoogle翻訳)の削除ボタンを押します。

これで削除が完了します。

まとめ

今回はGoogle翻訳の拡張機能についてご紹介してきました。

ボクも英語は得意な方では無いのですが、エンジニアという職業に携わっている以上英語は切っても切れない言語です。

プログラミングであればエラーの解析や海外の解説サイトを読むこともありますし、海外の方と英語でメールのやり取りすることもあります。

そんな時でも今はGoogle翻訳のおかげで、何とか乗り切れています。

上手く翻訳を使いこなして、作業効率をアップさせていきましょう!

それでは!

-ビジネス, ライフハック

Copyright© やがみずむ! , 2021 All Rights Reserved.