【2021年最新版】おすすめのWordPress無料テーマ5選+有料テーマ3選

2020年11月11日

綾人
こんにちは!綾人(@xjustchillingx)です。


ブログやメディアサイトを運用していく上で、適切なデザインを設計することは非常に重要です。

しかし、初心者の方がいきなり自分でデザインを一から作るのは非常に困難なことでもあります。

そんな初心者の方でも簡単にデザイン性のあるwebメディアを作成する方法が「WordPress」です。

WordPressにはデザイン性の高い「テーマ」が何種類も用意されており、インストールするだけで簡単におしゃれなページを作成することができるので、初心者の方でも参入しやすいのです。

しかし、WordPressに用意されているテーマは膨大なので、テーマで悩む方が多いのもまた事実です。

そこで今回は、日本語に対応している人気のおすすめテーマをご紹介します。

お気に入りのテーマを見つけて、あなただけのWebメディアを作ってください。

ブログ開設から順番に知りたい方はこちらの記事からどうぞ!

【初心者向け】WordPressブログが誰でも簡単に作れる3つのステップ【イラスト&画像で解説】

続きを見る

WordPressのテーマを選ぶ3つのポイント

多くのテーマの中から選択するためのポイントを3つ紹介します。

WordPressのテーマを選ぶ3つのポイント

1.SEO対策が行いやすい

2.レスポンシブ対応に適している

3.自分のメディアに適しているデザインを選ぶ



SEO対策が行いやすい

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」のことです。

適正に検索エンジンにページ内容を理解・評価されるよう技術的にWebページを最適化することで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードが検索された場合に、自サイトが上位に表示されるようになります。

上位表示されるサイトは特定キーワードの検索に沿った内容である可能性が高いため、ユーザのクリック率も高く流入が見込めます。

SEO対策を行いやすいテーマには以下のような機能が備わっています。

SEO対策が行いやすいテーマ

・ページタイトルやmetaタグを最適化しやすい
・内部リンクを構成しやすい
・ページの読み込み・表示速度が速い

SEO対策が含まれているテーマを選ぶことによって、初心者でも上位表示されやすいページを作成することが可能です。

レスポンシブ対応に適している

レスポンシブとは、PCやスマートフォン、タブレットなど、様々デバイスに合わせて最適なサイズでページが表示されることです。

近年ではスマートフォンからのネット利用者が増えているため、PCとスマートフォンの両方に対応できることはSEO対策としても重要です。

日本の検索シェア率の約75%を占めるGoogleは、レスポンシブデザインに対して以下のようなガイドも出しています。

  • URL が 1 つなので、ユーザーによるコンテンツの共有やリンクが簡単になります。
  • 対応するパソコン用ページまたはモバイル用ページが存在することを Google のアルゴリズムに伝える必要がなく、インデックス登録プロパティが正確にページに割り当てられます。
  • 同じコンテンツのページをいくつも維持管理する手間が省けます。
  • モバイルサイトでよくある誤りに陥る可能性を抑えることができます。
  • ユーザーをデバイスごとに最適化したページにリダイレクトする必要がないため、読み込み時間を短縮できます。また、ユーザー エージェントに基づくリダイレクトはエラーが発生しやすいため、サイトのユーザー エクスペリエンスを損なうおそれがあります(詳細については、ユーザー エージェントの正確な検出をご覧ください)。
  • Googlebot がサイトをクロールするために必要なリソースを節約できます。レスポンシブ ウェブ デザインでは、1 つの Googlebot ユーザー エージェントがページを一度クロールするだけで済みます。異なる Googlebot ユーザー エージェントが何度もクロールしてコンテンツのすべてのバージョンを取得する必要はありません。Google によるクロールの効率が上がることは、間接的には、サイトのコンテンツがより多くインデックスに登録され、適切な間隔で更新されることにつながります。

出典:Google検索デベロッパーガイド「レスポンシブ デザインにする理由


ちなみに日本の検索エンジンは「Google74.29%、Yahoo!24.74%」ですが、両社とも検索アルゴリズムは同じ内容を採用しているため、Googleの方針に沿うサイトを作ることで、日本の検索市場におけるSEO対策を99%行うことにも繋がります

自分のメディアに適しているデザインを選ぶ

デーマはその名の通り、あなたの作成するサイトを象徴するものです。

例えばブログ向けテーマであったり、ホームページ向けテーマであったり、フォトグラフをまとめるポートフォリオ向けテーマなどもあったりします。

作りたいサイトの雰囲気に合わせてテーマを選ぶことで、利用するユーザーの再訪問率や滞在率もアップしサイトの評価も上がります

最適なテーマ選びをして沢山のユーザーに利用して貰えるメディアを作成しましょう。

WordPressのおすすめテーマ

今回は数あるテーマの中から無料で使えるものを5つ、有料で使えるものを3つ紹介します。

最近は無料でも優秀なテーマもありますので、じっくりと選んでみてください。

<無料テーマ5選>

テーマ 価格 初心者向け デザイン カスタマイズ SEO 高機能 備考
Cocoon - シンプルな
万能型
Xeory - SEOに強い
Portofolio - シンプルなポートフォリオ
Lightning - WordPress
公式テーマ
Luxeritas - 優秀なカスタマイズ性

<有料テーマ3選>

テーマ 価格 初心者向け デザイン カスタマイズ SEO 高機能 備考
公式サイト 14,800円
(税込み)
ブロガー向けNo.1テーマ
公式サイト 14,800円
(税込み)
初心者向け
高機能テーマ
公式サイト 17,980円
(税込み)
初心者向け
高機能テーマ


テーマの特徴やおすすめのポイントをそれぞれ紹介していきます。

おすすめの無料テーマ5選

まずは無料のテーマからです。

有料のテーマと比べるとデザイン面や機能面で劣る部分はありますが、近年の無料テーマはSEO対策や簡単なカスタマイズ機能が備わっていたりと、優秀なものも増えてきました。

cocoon

公式サイト:https://wp-cocoon.com/

Cocoon(コクーン)は、Webページ作成に必要な基本機能が揃っており、無料テーマの中でも特に人気の高いテーマです。

デザインとしてはシンプルですが、その分カスタマイズがしやすいため初心者からベテランブロガーまで使用しています。

特に外観を着せ替えする「スキン」機能を使えば、簡単にサイト全体の雰囲気を変えることができます。

おすすめポイント

・シンプル
・内部SEO施策済み
・完全なレスポンシブスタイル
・カスタマイズがしやすい



Xeory

公式サイト:https://xeory.jp/

Xeory(セオリー)は、Webコンテンツ制作で有名なバズ部さんが制作しているシンプルなテーマです。

テーマの種類も、「Xeory Extension:サイト型テーマ」と「Xeory Base:ブログ型テーマ」の2つが用意されているので、企業サイトからブログまで幅広く対応しています。

おすすめポイント

・カスタマイズ性が高い
・企業サイトからブログまで対応している
・SEO対策もばっちり



Portofolio

公式サイト:https://modernthemes.net/wordpress-themes/portfolio/

Portofolio(ポートフォリオ)は、フォトグラフをまとめるのに適したテーマです。

フォトグラフをまとめるサイトの場合、テーマのあまりにも主張が強いと、主役である写真が目立たなくなります。

その点では、白を基調としたシンプルデザインの当テーマは写真を引き立てるため、最適性と言えます。

おすすめポイント

・シンプルデザインなので、ポートフォリオサイトに最適性
・フォトグラフの内容によってサイトの雰囲気が変わるのでオリジナリティが高くなる
・クリエイターやデザイナー向け



Lightning

公式サイト:https://lightning.nagoya/ja/

Lightning(ライトニング)は、WordPressの公式テーマの1つです。

公式テーマなだけあって、様々なプラグインにも対応しており、また「いちばんやさしいWordPressの教本」という書籍で、使用方法やWordPressの基礎を学びながらサイト作成をすることができます。

スキン(着せ替え)などは有料で、無料で使用する場合デザイン的な部分で他の人と被りやすいのが若干デメリットです。

おすすめポイント

・WordPress公式テーマ
・解説が書籍やwebなどで多く紹介されている
・プラグインが豊富



Luxeritas

公式サイト:https://thk.kanzae.net/wp/

Luxeritas(ルクセリタス)は、SEO最適化、レスポンシブ、高カスタマイズ性を持つテーマです。

また、多機能であるにも関わらず、Webページを高速に表示するための仕組みが満載されており、非常に高速に動作します。

おすすめポイント

・ページ読み込みが速い
・レスポンシブ対応OK
・高カスタマイズ性




有料テーマを選ぶ理由ってあるの?

ここまで読んで下さった方は、一つの疑問が湧いてくると思います。

「優秀な無料テーマがこれだけあるのに、有料テーマを選ぶ理由はあるの?」

しかし、「初心者こそ有料テーマを選ぶべき」理由があります。

有料テーマを選ぶ理由

1.SEO対策や機能面が無料テーマより圧倒的に優れている

2.SEO対策が優れているので検索上位表示させやすくアクセスを集めやすい

3.公式のサポートが充実している

4.デザインのカスタマイズ性も高く簡単に行えるので個性を出しやすい

5.SNSとの連携もしやすい

6.副業などでブログやサイトを立ち上げるなら有料テーマは必須

SEO対策とかデザイン性とか高機能とか、無料と有料で比較するべき点は多いですが、初心者こそ圧倒的に有料テーマを選んだ方が良い理由として、「集客力の違い」があります。

無料テーマでは、そもそもユーザーにサイトの存在を知ってもらうまでに、かなりの壁を超える必要があります

例えば、SEO対策などは無料テーマにも備わっていますが、有料テーマの方が実際に記事を書く時の便利さや、SEO向けのプラグインの種類などが全然違います。

更に有料テーマの方がデザインも簡単にカスタマイズできるので、一度訪問してくれたユーザーが自分のサイトを覚えて再訪問してくださる確率も高まります。

初心者が挫折する一番の理由は継続できないことですが、記事を書いても誰にも見て貰えないとなると、モチベーションも下がり継続する気も落ちてきます。

そうならないためにも、最初から有料テーマを使い、できるだけ環境を整えておくことでモチベーション高く継続することができます

有料テーマを買った手前、簡単には辞められないと自身を奮い立たせることも継続には有効な手段です。

無料テーマでも沢山のアクセスを集めるトップブロガーなどもいますが、それは自分で一からテーマを作れるくらいWeb制作やSEOの知識がある方くらいのものです。

WordPressを使ってブログをしたい方は、多くのアクセスを集めたり、本業や副業としてお金を稼いだりと明確な目標がある方が多いと思います。

それらの目標を達成するためには、高機能でデザイン性に優れた有料テーマを使うことは非常に理にかなっていることなのです。

おすすめの有料テーマ3選

それではおすすめの有料のテーマを3つご紹介します。

優秀な無料テーマは多いですが、やはり有料のテーマは有料なだけあって非常に優れたものが多いです。

有料テーマはSEO対策、機能面、カスタマイズ性、デザイン、SNS連携など、どの面でも無料テーマより優れています

そのため、アフィリエイトなど副業でブログを立ち上げたいというのであれば、有料テーマ一択です。

一部のトップブロガーやアフィリエイターなどは自身で作ったテーマを利用していますが、Web制作の知識やSEO対策の専門的な知識が無い初心者の内は、無料テーマで集客することは厳しいので、有料テーマを使った方が効率的です。

WING(AFFINGER5)(アフィンガー)

  

公式サイト:https://affinger.com/wordpress_wing_affinger5_infotop/

WING(AFFINGER5)(アフィンガー)は、収益化に特化したテーマです。

SEO対策や機能面も非常に優秀で、カスタマイズも簡単な上に、ターゲットに合わせてサイトを最適化することもできる自由度の高い万能型テーマです。

広告を簡単に記事中に挿入したり、自動で広告を表示させることも可能なので稼ぎたい人はこのテーマを選べば間違いありません。

実際に当ブログもこのテーマを使用していますが、開設初月から収益発生、開設して3か月でGoogle検索1位の記事を作成もできています。

また、HTMLやCSSなどのWeb制作の知識が無い方でも、簡単にデザインをカスタマイズできる機能も付いています。

更に、専用のデザイン済みテンプレートも豊富で、インストールするだけでサイトのデザインを簡単に変更することも可能です。

初心者からトップブロガーまで多くの方が利用している、有料テーマでは非常に人気のテーマです。

参考:WING(AFFINGER5)で作成したサンプルページ

おすすめポイント

・稼げるサイトを作りたい人におすすめ
・SEO対策、高機能、レスポンシブ対応、カスタマイズ性、デザイン性全てにおいて優秀
・トップブロガーも多く利用している
・デザイン済みのテーマが無料で数十種類以上配布されている
・ブログパーツやデザインパーツも豊富



THE THOR(ザ・トール)

公式サイト:https://fit-theme.com/the-thor/

THE THOR(ザ・トール)は、デザインに特化したテーマです。

「デザイン着せ替え」という機能が特徴的で、クリック操作だけでプロのデザイナーが作成した美しく、おしゃれなデザインに変更することが可能です。

またSEOにも強く、集客しやすい内部構造になっているので、検索上位も狙える人気のテーマとなっています。

また、もう1つの大きなメリットとして、複数サイトに使用することができる点です。

基本的に有料テーマは1つのサイトでしか使用が出来ないことが多いですが、THE THORは一度購入してしまえば、複数のサイトで使いまわすことができるので、その予定がある方はこのテーマがおすすめです。

参考:THE THOR(ザ・トール)で作成したサンプルページ

おすすめポイント

・デザイン性で選びたい人におすすめ
・デザインの知識もWeb制作の知識も不要で簡単にカスタマイズ可能
・SEO対策やレスポンシブ対応も万全
・複数サイトでの使用がOK



DIVER(ダイバー)

公式サイト:https://tan-taka.com/diver/?site=infotop

DIVER(ダイバー)は、ブログ・メディアサイト向けのハイスペックテーマです。

ピックアップ記事やピックアップカテゴリーの挿入機能、LP作成機能、広告設置機能など、効果的なサイトを作る機能が揃っており、こんな機能が欲しかった!というユーザーの声を多く獲得しています

また、デザイン性にも優れており、初心者でも簡単におしゃれなデザインを設定することが可能です。

こちらのテーマも複数サイトで使用することができますが、本人所有のサイトに限り認められています。

参考:DIVER(ダイバー)で作成したサンプルページ

おすすめポイント

・ハイスペックテーマ
・利用ユーザーからの評価は高い
・デザイン性にも優れている



当テーマを購入する場合は、以下の点に十分ご注意ください。


3つ紹介しましたが、正直言ってどれも優秀です。

SEO対策や機能面、デザイン性などはどれも優秀で、どれを選んでも後悔はしないと思います。

実際にデモサイトなども記事中で紹介していますので、自分が作りたいサイトのイメージに近いデザインを配布しているテーマを選ぶのが間違いないです。

後はDIVERだけ若干値段が高いので、そこも比較の基準に入れてもいいかもしれません。

まとめ

今日はおすすめのWordPress無料テーマ5選と有料テーマ3選をご紹介しました。

<無料テーマ5選>

テーマ 価格 初心者向け デザイン カスタマイズ SEO 高機能 備考
Cocoon - シンプルな
万能型
Xeory - SEOに強い
Portofolio - シンプルなポートフォリオ
Lightning - WordPress
公式テーマ
Luxeritas - 優秀なカスタマイズ性

<有料テーマ3選>

テーマ 価格 初心者向け デザイン カスタマイズ SEO 高機能 備考
公式サイト 14,800円
(税込み)
ブロガー向けNo.1テーマ
公式サイト 14,800円
(税込み)
初心者向け
高機能テーマ
公式サイト 17,980円
(税込み)
初心者向け
高機能テーマ


最初は実際にメディア運営を続けられるか心配という気持ちもあるので、無料テーマで体験してみることも良いと思います。

しかし、無料テーマから有料テーマへの移行はめんどくさいので、長く継続していく気持ちがあるなら、最初から有料テーマを選んでおいた方が後々楽になります。

当ブログも「WING(AFFINGER5版)」を使用していますので、もし同じテーマを利用するという方がいらっしゃれば、当ブログで使用しているデザインやパーツなどを共有することも可能です。

アイラ
初心者だから一人でブログを始めるのが不安…

という方は、Twitter(@xjustchillingx))の方にDMを頂ければ、利用するテーマに関係なく色々とご相談に乗りますので、気軽にご連絡ください。

それでは!

人気記事

【2021年最新版】ブログ開設したら登録すべき、完全無料のおすすめアフィリエイトASP5選【初心者向け】

続きを見る

-ブログ

Copyright© やがみずむ! , 2021 All Rights Reserved.