【WordPress】ブログを常時SSL化する方法【エックスサーバー】

2020年11月21日

綾人
こんにちは!綾人(@xjustchillingx)です。


この記事では、「SSLって何?」という悩みから「WordPressでSSL化する方法が知りたい!」という悩みまで解消していきます。

SSL化はサイトURLを「http」から「https」へ変更する、セキュリティ対策の作業です。

GoogleからのSEO評価や、あなたのブログやブログを訪問してくださるユーザーを守るためにも必須なので、必ず設定しましょう。

初めての方でも分かりやすいように、画像付きでSSL化の方法を解説していきますので、一緒にやっていきましょう!

ブログ開設から順番に知りたい方はこちらの記事からどうぞ!

【初心者向け】WordPressブログが誰でも簡単に作れる3つのステップ【イラスト&画像で解説】

続きを見る

SSLとは?

SSL化って何?という方はまず、こちらを一読ください。

SSL(Secure Sockets Layer)とはインターネット上におけるウェブブラウザとウェブサーバ間でのデータの通信を暗号化し、送受信させる仕組みのことです。

インターネット上のデータ通信は、第三者によって傍受・改ざんされる危険性があります。
ホームページへSSLを導入すると、訪問者のブラウザとサーバー間のデータ通信が暗号化されます。

SSL化はあなたのブログや訪問者のデータを守るために必須で、また、Googleの検索エンジンの評価を上げることにも繋がりますので、必ずやっておきましょう。

暗号化されているかどうかはURLの先頭が「https」になっていれば大丈夫です。
アドレスバーに鍵のマークが付いているのもSSL通信を行っている証明です。

これが「http」だと暗号化されておらず、送受信するデータが盗まれる危険性があります。
また、最近では「http」だと「保護されていない通信」と表示されるので分かりやすいです。

SSL化の手順

それでは実際にSSL化をやっていきましょう。

手順としては3つの工程があります。

SSL化の手順

1.エックスサーバーでSSL化をする

2.WordPressでSSL化をする

3.常時SSL化をする

実際の設定画面を見ながら、順番に設定していきましょう。

SSL化の手順①:エックスサーバーでSSL化をする

まずは『エックスサーバーでSSL化をする』をやっていきましょう。

SSL化の設定画面を開く

最初にエックスサーバーにログインします。

エックスサーバー


ログインしたら「サーバー管理」をクリックします。
 

サーバー管理が開けたらドメインの項目にある「SSL設定」をクリックします。

SSL化の実施

SSL設定が開けたら、SSL化したいドメインを選択します。
 
次に独自SSL設定追加」を選択し、確認画面へ進むボタンをクリック。


最後に、追加するボタンをクリックしたら、完了です。


SSL化には1時間ほどかかるので、しばらく待っておきましょう。

反映待ち」が消えたら『SSL化の手順②:WordPressでSSL化をする』へと進んで下さい。

SSL化の手順②:WordPressでSSL化をする

手順①が終わりましたら、続いて『WordPressでSSL化をする』をやっていきます。

まずはWordPressにログインします。

ログインしたら、管理メニューの「設定」を選択し、その中の「一般」をクリックします。


下記の画面が開くので、「
WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」の「http」の後に「s」を手動で付け足します。

「s」を付ける前 


「s」を付けた後

「s」が付けられたら、変更を保存ボタンをクリックして完了です。

SSL化の手順③:常時SSL化をする

最後に『常時SSL化をする』をやっていきます。

今の状態だとSSL化は完了していますが、「http」と「https」の両方でアクセスが出来てしまいます

そのため、「http」でアクセスしたら「https」に自動で転送するように変更をする必要があります。

「http」でアクセスしても、常に「https」に転送されるため「常時SSL化」と呼ばれています。

設定画面を開く

まずはエックスサーバーにログインします。

手順①と同様、「サーバー管理」を開きます。
続いて、ホームページの項目にある「.htaccess編集」をクリックします。


次に常時SSL化したいドメイン(手順①で選択したもの)を選択します。

.htaccessを編集

ドメインを選択したら以下の画面で.htaccess編集を選択し、下記の編集画面を開きます。
以下のコピペ用文章を使って、画像の赤枠部分と同じように追加します。

※文章を間違えたり、消してしまったまま保存すると元に戻せなくなるので、必ず元のコードをメモにバックアップをして保存をしておきましょう。

コピペ用コード

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]
</IfModule>

追加出来たら確認画面へ進むボタンをクリックし、実行するをクリックします。

ちゃんと変更できたか確認するため、SSL化したURLに「http://あなたのブログURL」のように「s」が無いURLでアクセスしてみてください。

ブログを開いた時のURLがhttps://~に変換されていれば、常時SSL化は成功です。

まとめ

GoogleはHTTPが安全ではないことから、セキュリティに強いHTTPS接続を強く推奨しています。

SEO対策としても重要な役割を担っているだけではなく、ブログを安全に運営していくためにもセキュリティ対策は行う必要がありますので、SSL化は必ずやっておきましょう。

それでは!

人気記事

【初心者向け】WordPressブログが誰でも簡単に作れる3つのステップ【イラスト&画像で解説】

続きを見る

【2021年最新版】おすすめのWordPress無料テーマ5選+有料テーマ3選

続きを見る

【2021年最新版】ブログ開設したら登録すべき、完全無料のおすすめアフィリエイトASP5選【初心者向け】

続きを見る

-ブログ

Copyright© やがみずむ! , 2021 All Rights Reserved.